IKEHADA-KAKUMEI

IKEHADA-KAKUMEIの全成分一覧。主成分をチェックしてみた!

こちらの記事ではIKEHADA-KAKUMEIの気になる成分について見ていきたいと思います!

私はそこまで敏感肌ではないので、実はあまり気にしたことはなかったのですが(笑)

スキンケアをする上で、どんな成分が入っているかを確認することは大切なことですよ!

IKEHADA-KAKUMEI 全成分一覧

こちらがIKEHADA-KAKUMEIの全成分になります。

水/BG/グリセリン/ペンチレングリコール/エタノール/ヒアルロン酸Na/ユキノシタエキス/チャ葉エキス/コシロノセンダングサエキス/グリコシルトレハロース/シロキクラゲ多糖体/ハマメリス葉エキス/フェノキシエタノール/加水分解水添デンプン/PEG-40水添ヒマシ油/グリチルリチン酸2K/香料/ホウケイ酸(Ca/Na)/酸化銀

8つの主原料

そして代表的な8つの主原料がこちら。

高い保湿効果で肌に潤いを与えてくれる、

  • シロキクラゲ多糖体
  • 濃グリセリン
  • ヒアルロン酸

毛穴の引き締めで肌のキメを整えてくれる

  • ハマメリス
  • 緑茶リキッド

抗炎症・抗酸化力で肌のダメージをケア、老化防止にも一役かってくれる

  • ユキノシタ
  • グリチルリチン酸2K
  • ビデンスピローサ

特徴的な3つの原料

その中でもIKEHADA-KAKUMEIの特徴的な成分は以下の3つになるようです!

  • ビデンスピローサ
  • グリチルリチン酸2K
  • シロキクラゲ多糖体

ビデンスピローサは奇跡のハーブと言われ、沖縄県宮古島で丁寧に栽培されているコシロセンダングサで、保湿に加え肌の炎症を抑えて土台を整えてくれる作用があるようです。

グリチルリチン酸2Kは外部刺激から肌を守り水分減少を防ぐバリア機能持っていて、シロキクラゲ多糖体は世界三大美女の一人”楊貴妃”が美容を維持するために使用していたキノコだとか!

ヒアルロン酸産生を促進して潤いを与えてくれるようです。

凄いですね~。歴史は深い。

保湿力と抗酸化、抗炎症で美しい肌の土台を作ってくれる成分が配合されていることがわかります!

まとめ

以上、IKEHADA-KAKUMEIの成分について見てきました!

主原料は、

  • シロキクラゲ多糖体
  • 濃グリセリン
  • ヒアルロン酸
  • ハマメリス
  • 緑茶リキッド
  • ユキノシタ
  • グリチルリチン酸2K
  • ビデンスピローサ

上記8つでした!

気になるスキンケア商品がある人は成分を比較してみたりするといいかもしれませんね!